Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > Blender マテリアル > SSS(サブサーフェイス・スキャタリング)に挑戦

ブログ記事

SSS(サブサーフェイス・スキャタリング)に挑戦

先日、Blender関連についてネットサーフィンをしていたところSubsurface Scattering(サブサーフェイス・スキャタリング)略して"SSS"という素晴らしい機能があることを初めて知りました。もちろんMAYAなどにも搭載されている機能だそうですが、Blenderに関しては"2.44"から搭載されているそうです。お恥ずかしい~全く知りませんでした。
"SSS"とは、何やら説明によると「人間の肌のような半透明な物体の表面を光が透過し、内部で反射・散乱を繰り返した後に表面から出て来るメカニズム」を表現可能にした技術だそうです。皮膚の他に大理石やミルクなどを表現する際にも用いられているそうです。
因みにあの「スター・ウォーズ」に登場するジェダイ・マスター"ヨーダ"もこのSSSが用いられているとの事です。
皮膚や大理石などの各種プリセット値
では早速試してみたいと思います。設定方法はいたって簡単。オブジェクトを選択し「SSS」タブ内の[Subsurface Scattering]をクリックして有効にするだけ。問題は数値の調整。一応プリセット値としてSkin(皮膚)やMarble(大理石)など数種類が用意されてるので、こちらを元に数値の調整を行った方が良さそうです。
SSS(サブサーフェイス・スキャタリング)比較のレンダリング見本
今回は現在制作中の女性を使って、とりあえず適当にSSSを設定してみました。上記画像の左側がSSS未設定、右側がSSSを設定したレンダリング見本です。レンダリング時間は未設定のものが5分38秒に対して、SSSを設定したものが8分2秒と多少時間は掛かるもののそれなりの効果はあるようです。
現時点まだ人間の肌というよりは、蝋人形といった感じではありますが、設定次第でフォトリアルな作品もイケそうな気がします。引き続き挑戦していきたいと思います。

ところで首の部分、マテリアルの継ぎ目がどうしても上手くレンダリングされませんでした。この部分何かと不具合が生じるので、1つのマテリアルにまとめた方が良いのでしょうか?検討したいと思います。

Blender  マテリアル  | Posted by Benjamin

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。