Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > 3DCG全般

■3DCG全般

  1  

ピクサーのRenderManが無料で利用できる!

ピクサー(PIXAR)のRenderManが無料で利用可能
ご存知の方も多いと思いますが、RenderMan(レンダーマン)とはピクサー・アニメーション・スタジオ(Pixar Animation Studios)によって開発されたレンダリング用ソフトウェアです。複雑なモデルやアニメーションでも高速かつハイクオリティな表現が可能で、ピクサーの作品以外にも「ターミネーター」や「スター・ウォーズ」、「ジュラシック・パーク」などでも使用されています。

そんなRenderManが、非営利に限り無料で利用できるそうです。しかも機能に関しては製品版と同じ!
8月に開催されるコンピュータグラフィックス技術の祭典「SIGGRAPH 2014」で製品版の最新RenderManと同時リリースされる予定です。気になる方は是非チェックしてみてください。

RenderManを扱うにはそれなりのプログラミング知識が必要なようで、私には無縁のソフトウェアのような気もしますが・・・。調べてみると何やら既にBlenderでもRenderManを利用している方々もいるようです。
とは言え、そもそもRenderManの恩恵に与るほどの作品が作れておりません。精進いたします。

詳しくはPixar's RenderMan®公式サイト(英語)をご覧ください。
http://renderman.pixar.com/

Posted by Benjamin | 3DCG全般  その他  

3DCGソフト&3Dプリンタで作ろう! オリジナル・フィギュア

3DCGソフト&3Dプリンタで作ろう! オリジナル・フィギュア
久々の投稿で恐縮ですが、発売日が決定し情報解禁となりましたので、ここで宣伝させていただきたいと思います。
私Benjaminが執筆させていただきました「3DCGソフト&3Dプリンタで作ろう! オリジナル・フィギュア」が4月19日ソーテック社より発売となります。

本書は、無料の3DCGソフトを使用して3Dプリンタで出力可能なオリジナル・フィギュアのデジタル原型を制作するガイドブックです。
内容は、「Blender」の基本的な使い方、「Makehuman」の人物モデルを活用したリアル系フィギュアの原型制作、「netFabb Studio Basic」での出力データの検証・修復、ゲームエンジン「Unity」による二本足で自立出来るかの模擬テストなどとなっております。もちろん表紙に掲載されている女の子のデフォルメ・キャラのモデリング方法(Blender)も解説しております。解説しているソフトは全て無料で使用できるので、気軽に挑戦できます!
因みに、本書は3Dプリンタで出力するためのフィギュアのデジタル原型制作を解説しているもので、3Dプリンタの解説本ではございませんので、ご注意ください。


書名:3DCGソフト&3Dプリンターで作ろう! オリジナル・フィギュア
著者:Benjamin
体裁:B5・248ページ・オールカラー・CD-ROM付属
定価:本体2,800円+税

もしよろしければチェックしてみてください。

Posted by Benjamin | 3DCG全般  その他  

Perfumeのモーションキャプチャ〈BVH〉

Perfume official global website
既にご存知の方も多いと思いますが、"Perfume official global website"でPerfumeの3人が踊るモーションキャプチャデータ〈BVH〉が公開されております。ダウンロードできるデータは、あ~ちゃん、かしゆか、のっち、3人分のBVH形式ファイルと合わせて、サンプルでも使用されている中田ヤスタカさんによるサウンド、WAV形式ファイルとなっております。

3月末に公開されたこれらデータ、当初、即効でダウンロードしたものの放置状態に・・・。今更ではありますが、せっかくなので活用させて頂こうと思います。さて、右も左も分からないモーションキャプチャ・・・、私に扱えるのでしょうか。

> モーションキャプチャ(BVH形式)の読み込み へ続く

Posted by Benjamin | 3DCG全般  その他  

アマナイメージズが3D素材の販売を開始

株式会社アマナイメージズ運営Webサイト「amanaimages.com」
仕事では、日頃から写真素材やイラスト素材でお世話になっている「amanaimages(アマナイメージズ)」。そのアマナイメージズが3Dモデルや3D用テクスチャなどのロイヤリティフリー素材の販売を開始しました。
取り扱っている3Dモデルは、人物や乗り物、インテリアなど、ファイル形式もMaya、3ds Max、OBJなどなど充実した品揃えとなっているようです。価格に関しては、単体で数百円とお手頃なモノから5、6万するハイクオリティなモノまで幅広く取り扱っております。

まぁ今度機会があったら、クライアントに頼んで(もちろんクライアントのお金で・・・)試してみたいと思います。

詳しくは「amanaimages.com」をご覧ください。
http://amanaimages.com/

Posted by Benjamin | 3DCG全般  その他  

おすすめ参考書「ゲームグラフィックス2010」

ゲームグラフィックス2010表紙
2009〜2010年に発売させたゲームタイトルの企画から制作までの行程を紹介している「ゲームグラフィックス2010」。私のような3DCG初心者には、プロがどのように制作をしているのかなどが解説されていて、とても参考になる一冊でした。(難しくて解らない内容も多々ありますが・・・)当たり前ですが、使用しているソフトは3ds MaxやMayaなど。しかしBlenderを使っている私にも十分見応えのある内容で勉強になりました。
PS3など家庭用ゲームもかなりハイスペックなモノが登場していますが、とは言え制限のある環境でいかにクオリティを高めていくかなど、技術面だけでなくプロの方々の情熱やこだわりが感じられとても為になったと思います。
ゲームグラフィックス2010中面
話題の「ファイナルファンタジーXIII」やPSP版「メタルギア・ソリッド ピースウォーカー」などなど大物タイトルが満載ですが、基本的には「月刊CGWORLD」で掲載された記事が中心になっているので、毎月CGWORLDを購読している方には不向きかと・・・。

Posted by Benjamin | 3DCG全般  その他  
  1  

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。