Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > プロフィール

プロフィール
Handle : Benjamin
Sex : Male
Date of Birth : 1975.06.05
Day Job : Graphic Designer
Main PC : iMac
Sub PC : MacBook Pro/ThinkPad T60
Version of Application :
 ・Blender2.6X
 ・Rokkaku Daioh Super6.2.1
 ・Sculptris Alpha 6

本業はフリーのグラフィック・デザイナーとして、メインの紙媒体デザインの他、Webサイトのデザイン、2Dイラスト制作などを手掛けております。3DCGに関しては、趣味レベルで全くの素人ですが、仕事でも活かせればと思い目下勉強中です。
職業柄Macユーザーという事もあり、当初「Shade Personal R5」を購入するも自由曲面に馴染めず断念。Shadeのモデリングはベジェ曲線を採用しており、長年使っていた「Adobe Illustrator」でも使い慣れていましたが、そんな甘くはありませんでした。
以降3DCGから全く離れていましたが、最近になりShadeのバージョンアップが2つ前のバージョンからしか行えなくなるとの事で、「Shade 10」へバージョンアップしてリベンジを試みるも、やはり自由曲面に苦しめられる。モデリング方法をポリゴンに変更してみるが、噂通りShadeでのポリゴンモデリングは操作性が悪過ぎ。…と、またしてもShadeに敗れる。
しかし、今回もShadeは断念したものの3DCGへの熱は冷めず、簡素で扱い易いとの評価を見て「六角大王Super」を購入いたしました。Mac版は六角大王Super4以降開発がストップしている為、やむを得ずWin版「六角大王Super5」を購入。(Win版と来れば、3ds MaxやMayaなどハイエンドクラスの3DCGソフトが名を列ねておりますが、趣味レベルでは到底購入出来る額ではございません…。)評価の通り「六角大王Super」は扱い易く、今後もお世話になりそうです。

当ブログのカテゴリーにもある「Blender」につきましては、仕事でFlash用3Dライブラリ「Papervision3D」に触れる機会があり、そこで初めて「Blender」の存在を知りました。是非自分で作った3DオブジェクトをFlash上で使用したいと思い、調べてみると3DCGで作成したオブジェクトをCOLLADA形式というフォーマットで書き出す必要があるとの事でした。残念ながら「六角大王Super」では対応しておらず、対応するソフトとして3ds Maxなどハイエンドクラスの3DCGソフトが紹介されている中、フリーの「Blender」もCOLLADA形式への書き出しが可能!ということで早速インストールいたしました。
現時点「Blender」に関してはCOLLADA形式への書き出し程度でしか使用しておりませんが、ハイエンドクラスの3DCGソフトと肩を並べる程の高機能だそうなので、是非使いこなせるようになってみたいと思います。

と、まぁ3DCG初心者ではありますが頑張っていきたいと思いますので、暖かい目で見守ってください。内容も自分用の覚え書き程度に過ぎず、物足りなかったり間違いもあるかと思いますが、ご容赦ください。

2010年2月
Benjamin
最新のエントリー

最新のエントリー(投稿)一覧:12件

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。