Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > その他 フリーソフト > AutoDeskが無料アプリ「123D Catch」をリリース

ブログ記事

AutoDeskが無料アプリ「123D Catch」をリリース

オートデスクからリリースされている写真から3Dモデルを生成する「123D Catch」。CG・映像系情報誌「CGWORLD」でも紹介されていたこのアプリ「123D Catch」を今回試してみたいと思います。
iOS版とPC版がリリースされており、なっなんと無料!ということで早速ダウンロード&インストールしちゃいました。使用するにあたりAutodeskアカウントが必要となりますが、FacebookやTwitter、Googleなどのアカウントでも代用可能です。
フリーソフト「123D Catch」PC版画面
今回インストールしたのはPC版ですが使い方としては、立体化したいモノを色々な角度から20~40枚程度撮影し、クラウド上に画像をアップロード。少し待つと3Dモデルに変換されます。(そのためインターネット接続は必須となります)生成された3DモデルはFBXやobj形式で書き出すことが可能です。
フリーソフト「123D Catch」PC版インターフェイス
さて、実際使用してみた感想は・・・。
個人的には正直"微妙"でした。私の撮影の仕方も良くなかったとは思いますが、あまり納得のいく仕上がりにはなりませんでした。もちろん無料なのでその程度と言ってしまえばおしまいですが・・・。生成される3Dモデルがあまりにもザックリな形状のため、FBXやobj形式で書き出しリトポロジーというよりは、一から自分でモデリングした方が早くて綺麗だと思われます。とはいえテクスチャも画像から生成し貼り付けてくれるで手軽なのは確かですネ。
因みに上記画像はサンプルです。

オートデスクの123D(ワンツースリーディー)シリーズは「123D Catch」だけでなく、他にも簡単モデリング・アプリ「123D Design」やスカルプティング・アプリ「123D Sculpt」などもリリース。いろんな意味で今後に期待したいと思います。

詳しくはAutoDesk「123Dシリーズ」公式サイト(英語)をご覧ください。
http://www.123dapp.com/

その他  フリーソフト  | Posted by Benjamin

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。