Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > Blender テクスチャマッピング > UVマッピング〈テクスチャ画像の貼り付け〉

ブログ記事

UVマッピング〈テクスチャ画像の貼り付け〉

編集したUVのテクスチャ作成用線画の書き出し方法
前回の「UVマッピング〈UV編集〉」にて編集したUVを書き出してテクスチャ画像の作成に入ります。テクスチャの下絵となる線画の書き出し方法は[UVs] > [Scripts] > [Save UV Face Layout]を選択。画像サイズ・ラインの太さ等を設定し[OK]をクリックします。書き出されるファイル形式は"tga"というビットマップ画像。その画像を元にPhotoshop等の画像編集ソフトでテクスチャ画像を作成します。
作成したテクスチャ画像を貼り込み位置確認及び微調整
出来上がったテクスチャ画像を[Image] > [Replace]で前回貼り込んだ「UV Test Grid」と置き換えます。置き換えたテクスチャ画像の位置を3D Viewを見ながら確認・微調整を行います。
レンダリングすると分かりますが、現時点ではまだオブジェクトにテクスチャ画像が貼り付けられてはいません。(私は以前ココでつまずきました・・・)この時点では、ポリゴンの座標とテクスチャ画像の位置を対応させただけという事です。
マテリアルの新規作成
オブジェクト上にテクスチャ画像を貼り付けます。まず[Material buttons]を選択し、「Links and Pipeline」タブ内の[Add New]をクリックしてマテリアルを新規作成します。
テクスチャの新規作成
次に「Texture」タブ内の[Add New]をクリックしてテクスチャを新規作成します。
貼り込み方法を「UV」に設定
「Map Input」タブに移動。[UV]をクリックして貼り付け方法を「UV」に設定します。
テクスチャ画像を読み込みオブジェクト上に貼り込む最後に「UV/Image Editor」に読み込んだテクスチャ画像と同じモノをオブジェクト上に貼り付けます。[Texture buttons]を選択し、「Texture」タブ内の「Texture Type」を"Image"に設定。「Image」タブ内の"Load"からテクスチャ画像を読み込めば、オブジェクト上に貼り込み完了です。試しにレンダリングしてみてください。

> 仕上がり見本はこちら

Blender  テクスチャマッピング  | Posted by Benjamin

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。