Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > Blender ノードエディター > マテリアルノードでトゥーンレンダリングに挑戦

ブログ記事

マテリアルノードでトゥーンレンダリングに挑戦

過去に使用してきた「Shade」や「六角大王Super」などの3DCGソフトにはノードエディターなんて高機能なモノは搭載させておりませんでした。3DCG関連の雑誌ではたまに見かける画面ですが、Blenderにもしっかり搭載されているノードエディター、折角なので挑戦してみたいと思います。
Blenderには3種類のノードが搭載させれおり、オブジェクト毎のマテリアルに対して設定する「マテリアルノード(Material Node)」、シーン全体に対してエフェクトなどを設定する「コンポジットノード(Composite Node)」、テクスチャを作成する(?)「テクスチャノード(Texture Node)」。

・・・という事で、今回はマテリアルノードを使用してトゥーンレンダリングに挑戦してみたいと思います。
「Window type」を[Node Editor]に変更
まずは、ノードを適用したいオブジェクトを選択し、「Window type」を[Node Editor]に変更します。その際、マテリアルが設定されていない場合はとりあえず適当なマテリアルを先に設定しておきます。
[Use Nodes]または[Nodes]でノードを適用
次に[Use Nodes]または「Links and Pipeline」タブ内の[Nodes]をクリックし、ノードを適用させます。
[Add New]でマテリアルの新規作成
すると、未設定のノードが表示されるので[Add New]をクリックしマテリアルを新規作成します。既に設定されているマテリアルを使用する場合はそちらを選択。後は、[Add]から任意のノードを作成し繋ぎ合わせて最終的に「Output」へ集結させれば完成です。
マテリアルノードでトゥーンレンダリングに挑戦
さて、今回は"トゥーンレンダリングに挑戦"という事で早速やってみました。トゥーンレンダリングといっても色々設定方法があるようですが、私の場合は上記画像のようにハイライト+基本色に対してシャドーを「Multiply(乗算)」にて合成し、3階調に仕上げました。
「Output」タブ内の[Edge]にてエッジを自動生成
最終的に「Output」タブ内の[Edge]をONにしエッジを自動生成してレンダリングです。熟練者の方々はエッジもノードにて生成されているようですが、その辺は追々勉強していきたいと思います。
トゥーンレンダリング見本
レンダリング見本がこちら。以前、六角大王Superでのトゥーンレンダリングについて投稿しましたが、六角大王Superとは違いBlenderはかなり難易度が高く感じました。しかしその分自由度も高そうなので、今後みっちり勉強していきたいと思う次第です・・・。

Blender  ノードエディター  | Posted by Benjamin

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。