Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > Blender パーティクル > パーティクル・ヘアー/その4〈Particle Mode〉

ブログ記事

パーティクル・ヘアー/その4〈Particle Mode〉

懲りずにパーティクル・ヘアーの話題を・・・。
今回は「パーティクル・ヘアー/その3〈Vertex Groups〉」にて生成したツンツンの髪の毛を「Particle Mode」で編集(セット)したいと思います。
「Children」機能他各項目の設定見本
前回の作業でパーティクル・ヘアーの生成は完了しましたので、ヘアー形状の編集(セット)を行いたいと思いますが、「Particle Mode」で編集を行うには「Particle System」および「Physics」タブ内の各設定を確定しておく必要があります。言い換えれば「Particle Mode」で編集を行った後は、それらタブ内の各設定ほとんどが変更不可となります。(正確に言うと変更を行うには、「Particle Mode」での編集をリセットしなければなりません・・・やり直しということです)

今回新たに[Basic : Amount(髪の毛の"本数")]を減らし「Child Particle」を使用しました。「Children」機能とは、通常の(親)Particleの周りに指定した本数をChildren(子)Particleとして生成することができます。これにより親となる少量のParticleのみで編集が可能となり効率よく作業が行えます。因みに今回はBasic : Amount"500"本×Children : Amount"12"本で最終的にレンダリングで表示されるのは6000本となります。その他各項目の設定は上記画像をご参照ください。

各設定が完了したら[Set Editable]をクリックし[Free Edit]に。これで編集可能な状態になりましたので「Particle Mode」に移行します。
「Comb」や「Smooth」、「Puff」などを駆使しヘアセット
いよいよ「Particle Mode」での編集です。まず[N]キーで「Particle Edit Properties」ウインドウを開き設定を行います。とりあえず"Keep"の[Lengths]、[Root]、[Deflect Emitter]を有効にし、長さ・根元の位置を固定、編集中HairがEmitterを突き抜けないようにします。
後は、[Comb(クシ)]や[Smooth(平均化)]、[Puff(ドライヤー)]などのブラシツールを駆使しヘアセットを行います。SoftBodyシミュレーションを使用する場合は[Weight]でウエイト値を設定します。
この「Particle Mode」、思いのほか楽しく、時間を忘れて作業してしまいました。皆さんも是非お楽しみください。
「Particle Mode」編集後のレンダリング見本
ということで、ヘアセット後のレンダリング見本がこちらです。髪の毛の本数が足らずハゲが目立ちますが、本番では頭部のテクスチャでごまかそうと思います。
一応、パーティクル・ヘアーの練習はこれくらいにして、次回からは本番の髪の毛作成に入りたいと思います。

Blender  パーティクル  | Posted by Benjamin

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。