Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > Blender セットアップ > Bone(コントローラ)の形状変更

ブログ記事

Bone(コントローラ)の形状変更

前回の「Boneの移動・回転方向の制御」に引き続き、足のリグについて・・・。
ボーンが増えてくるとどうしてもポージングを行う際、使い勝手が悪くなってしまいます。今回はコントローラとなるボーンの形状を変更し、扱い易くしたいと思います。
Displayパネル[Custom Shape]でMeshオブジェクトを選択
まずは、変更する形状を用意します。変更可能なオブジェクトはMeshオブジェクトなので、Curveオブジェクトで作成した場合は[Alt]+[C]キーで「Mesh」に変換する必要があります。
準備が完了したら、Pose Modeで変更するボーンを選択。Displayパネルで[Wireframe]にチェックを入れ有効にし、[Custom Shape]で用意したMeshオブジェクトを選択すれば完了です。
Bone(コントローラ)の形状変更見本
同様に他のボーンも形状を変更します。各コントローラの位置や大きさを変更する際は、元となるオブジェクトをEdit Modeで編集します。
諸々編集が完了したら、最後に元となるオブジェクトを[M]キーで別レイヤーに移動し非表示にします。
IllustratorからSVG形式で書き出し
因みに今回私の場合、元となる形状はAdobe Illustratorで作成しました。その場合、塗り・線ともに透明に設定し、形式はSVG(Scalable Vector Graphics)で書き出しました。そのSVG形式をBlenderにインポートするとCurveオブジェクトとしてインポートされます。上記で記載した通り、変更可能なオブジェクトはMeshオブジェクトなので、[Alt]+[C]キーで変換します。

Blender  セットアップ  | Posted by Benjamin

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。