Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > Blender モデリング > リトポロジー(Snap機能)の使い方

ブログ記事

リトポロジー(Snap機能)の使い方

スカルプトなどで作成されたハイポリゴンのモデルをローポリゴン化してNormal Mapを貼り付ける。そのような場合、ベースとなるローポリゴンモデルのモデリングを行う際に便利な機能、リトポロジー(Snap機能)。
以前、2.4xでのやり方を「人物(女性)髪の毛の作成/前髪〈Retopo〉使い方」にて投稿しましたが、このページ結構アクセスが多く、2.5x以降をお使いの方に関しては、せっかく来ていただいたのに申し訳ないので、2.5x以降のリトポロジー(Snap機能)についても投稿したいと思います。(因みに今回使用しているバージョンは"2.62"です)
とは言え、私の場合このリトポロジー(Snap機能)は普段あまり使用しておらず、不慣れなので悪しからず・・・。この機会に習得したいと思います。
リトポ機能を使ってローポリゴンに再モデリング
今回は、上記顔面のオブジェクトをリトポ機能を使ってローポリゴンに再モデリングしたいと思います。
まずは、板状ポリゴンを用意します。一応、「Mirror」モディファイアを設定することを想定して、[Shift]+[C]キーで3Dカーソルをセンターに移動、[Shift]+[A]キーでセンターに板状ポリゴン(Plane)を配置しておきます。
磁石アイコンをクリックSnap ElementのFaceを選択
用意した板状ポリゴンを選択した状態で、Edit Modeに切り替えます。磁石のアイコンをクリックし有効にし、Snap Elementメニューから[Face]を選択。とりあえずリトポの設定は以上で完了です。後は編集を行うだけ・・・。
DisplayパネルのX-Rayを有効にする
今回編集は向かって左側のフロントビューのみで行います。右側のサイドビューは確認用として表示しておきます。
頂点を選択し[G]キーで適当な位置に移動すると、上記画像の通り、自動で顔面オブジェクトに吸着してくれます。
顔面オブジェクトと重なって見づらく作業し辛い場合は、Displayパネルの[X-Ray]を有効にすると良いと思います。
リトポロジー(Snap機能)見本
[E]キーで伸展、[G]キーで移動を繰り返しモデリングしていきます。
とりあえず、フロントビューのみでここまでモデリングが完了しました。もちろん、モデリング中でも磁石アイコンで、Snap機能のオン・オフの切り替えが可能です。

Blender  モデリング  | Posted by Benjamin

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。