Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > その他 フリーソフト > MMD(MikuMikuDance)始めました

ブログ記事

MMD(MikuMikuDance)始めました

ついに、というか今更、ではございますがMikuMikuDance/ミクミクダンス(以下MMD)を使ってみたいと思います。仕事の関係で、このMMDの標準モデルフォーマットPMX形式について少し勉強したかったということもあり、色々試してみることにいたします。

MMDについては皆さん既にご存知だと思いますでの説明は省略させていただきます。とりあえず、MMD本体を下記公式Webサイトからダウンロード。
http://www.geocities.jp/higuchuu4/
32bitOSの方は「1.3 MikuMikuDance(DirectX9 Ver)」、64bitOSの方は「1.4 MikuMikuDance(64bitOS Ver)」がオススメ。
MMD(MikuMikuDance)ユーザーインターフェース
まずはモデル、これがないと始まりません。形式は先程書いた「.pmx」、または「.pmd」となります。さて、今回は初めてなので他の方のお力を借りることにいたします。使用するのは、Tdaさんが制作された「Tda式初音ミク・アペンドVer1.00」。いや〜あまりのクオリティの高さにビックリ!感謝、感謝。
続いてモーション、形式は「.vmd」です。因みにホーズは「.vpd」となっております。こちらももちろん借り物でまいります。inumaruさんが制作された「恋愛サーキュレーションShortモーション」※現在ダウンロード不可

ということで、MMDを起動しモデルデータ「.pmx」とモーションファイル「.vmd」を読み込みます。あとはAVIファイルに出力するだけ。ここでまたビックリです。軽い!そして早い!!今回デフォルトの360p:640x360/3000フレーム弱で出力したところ、レンダリングは1分にも満たないうちに完了。もちろんPCのスペックにもよりますが、これならどなたでも手軽に楽しめるのでは・・・。人気があるのも頷けますネ。

【音量注意!】一応、全て借り物ですが完成したものがこちら。やはり今度は自分で作成したモデルを踊らせてみたいですネ。後は、Blenderでレンダリングとか・・・。また楽しみが増えてしまいました。

> MMD標準モデルフォーマットPMX形式へ書き出し へ続く

その他  フリーソフト  | Posted by Benjamin

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。