Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > Blender レンダリング > 2.67から統合されたレンダリングエンジンFreestyle

ブログ記事

2.67から統合されたレンダリングエンジンFreestyle

ご無沙汰しております。
ここ最近「Call of Duty : Black Ops 2」というゲームにハマり、Blenderの学習を怠っておりました・・・。気を引き締め頑張ってまいります。
Blender2.67リリース新機能Freesyle
さて、そんな間にBlender2.67がリリース。今回の目玉となる新機能はやはり、ノンフォトリアリスティックレンダリングエンジンのFreesyle。簡単に言えばアニメのセル画風仕上げ"トゥーンレンダリング"で主に用いられる2Dラインを描画するためのエンジンです。上記の起動時に表示される作品でも使用されています。
因みに"トゥーンレンダリング"という呼称はWikiによると、コナミ「ときめきメモリアル3 〜約束のあの場所で〜」でこの技術を採用。その際に命名されたそうです。

公式として統合される以前からFreesyleは少し触れておりましたが、残念ながらほぼ忘れてしまいました・・・。とりあえずちょっと試してみたいと思います。
強制的にラインを描画させるMark Freestyle Edge
今回試すのは、強制的にラインを描画させる「Edge Mark」です。私の場合、人物の二重まぶたなど意外と使用頻度が高い機能です。

まず描画させる箇所のエッジを選択。続いて[Mesh] > [Edges] > [Mark Freestyle Edge]を選択します。"Edge Mark"として設定されるとエッジがグリーンで表示されます。
Freestyle Line SetパネルEdge Markを有効
次に[Render]のFreestyleパネルにチェックを入れ有効にします。続いて[Render Layers]のFreestyle Line Setパネル、[Edge Mark]にチェックを入れ有効にすれば設定完了です。
Mark Freestyle Edgeレンダリング見本
上記がレンダリング見本です。
せっかく公式に統合されたので今後活用していこうと思います。とりあえず、公式統合以前の投稿で役に立つか分かりませんがリンクしておきます。

Freestyleの使い方〈その1〉:とりあえずライン描画
http://6b.u5ch.com/2012/01/freestyle1.html

Freestyleの使い方〈その2〉:2種類の異なる太さのライン描画
http://6b.u5ch.com/2012/01/freestyle2.html

Freestyleの使い方〈その3〉:マテリアルカラーのライン描画
http://6b.u5ch.com/2012/01/freestyle3.html

Freestyleの使い方〈その4〉:太さに強弱を付けたライン描画
http://6b.u5ch.com/2012/02/freestyle4.html

サンプル/vol.8「マジすか学園:ネズミ(AKB48まゆゆ)」
http://6b.u5ch.com/2012/02/vol8akb48.html


> 2.67Freestyle使い方〈ライン描画の有無〉 へ続く

Blender  レンダリング  | Posted by Benjamin

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。