Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > Blender

■Blender

<<  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  

テクスチャ・アニメーション

アニメーション用テクスチャ画像
現在制作中の"暁美ほむら"も含めてモデリングでは眼球を省略し、テクスチャで表現してしまう事が比較的多い私ですが、その場合いつも悩まされるのがまばたきや上下左右を向くといった"目"のアニメーションです。

ということで、テクスチャを使ったアニメーションでどこまで表現できるか試してみたいと思います。今回アニメーション用として用意したテクスチャは上記画像の9種類。(分かりづらいですが、左下が"二重"で右下は"口と頬紅"です) 全てレイヤーのように重ねて使用するので、アルファチャンネル対応のPNG形式で書き出します。

本来、眼球や眉毛など左右別々に動かす部分は分けて作成した方がより細かな表現が可能となりますが、今回は一先ず省略します。とは言え、1つのマテリアルに対して貼り付けられるテクスチャの枚数は18枚までだったと思うので、実際に細かく分けて書き出す場合もほどほどに・・・。
Image MappingパネルCrop Maximumで貼り付け位置を変更
まず全てのテクスチャを通常どおり定位置にUVで貼り付けます。後はImage Mappingパネル[Crop Maximum]のX、Yの数値を変更し貼り付け位置を移動します。続いて、数値の部分で右クリックして[Insert Keyframe]を選択、キーフレームを挿入すれば設定完了です。


完成したテクスチャ・アニメーションの見本がこちら。(ネズミ久々の登場です)
設定自体特に難しくはありませんが、如何せん複数のテクスチャ作成・貼り付けが少々面倒臭いような・・・。

Posted by Benjamin | Blender  アニメーション  

Keying Set failed to insert any keyframes

エラーメッセージKeying Set failed to insert any keyframes
Armatureを選択しポーズモードで、いつものように[ I ]キーを押しKeyframe[LocRot]を設定しようとすると・・・!?
上記画像のように"Keying Set failed to insert any keyframes"というエラーメッセージが表示されKeyframeが設定できない現象が発生。因みにエキサイト先生に翻訳してもらったところ「セットへの施錠はどんなキーフレームも挿入しませんでした。」という回答が・・・。ん~いまいち、よく解りません。
バージョンは"2.63"と表示されていますが、以前"2.5x"でも同様のエラーが発生した覚えがあります。その際は原因が解明できず、結局新たにファイルを用意しオブジェクトなど諸々を[File] > [Append([Shift]+[F1]キー)]で移動させました。
TimelineにButtonKeyingSetと記載
今回、二度目のエラーということもあり原因を追究してみようとネットで調べてみるもハッキリした事は解らず、とりあえず問題のファイルを調べてみることに・・・。
するとデフォルトとは異なる部分を発見。Timelineの右端に"ButtonKeyingSet"と記載されており、デフォルトと同様に空欄にすると案の定問題解決!無事[ I ]キーを押しKeyframe[LocRot]を設定することが可能になりました。
何の拍子にこのような状態になってしまったか分かりませんが、同様のエラーメッセージが表示された場合は一度ご確認ください。それでも問題が解決しない場合は根本的な解決法ではありませんが、新たにファイルを用意しオブジェクトなど諸々を[File] > [Append([Shift]+[F1]キー)]で移動することをおすすめします。
それから、"ButtonKeyingSet"が何を意味するかなど詳細は不明です。悪しからず・・・。

Posted by Benjamin | Blender  アニメーション  

魔法少女まどか☆マギカ暁美ほむらのスカート

スカートのモデリング
暁美ほむらの髪の毛」が完成しましたので続いて服を作成・・・なんですが、ひと通り服が完成してから投稿しようと思っておりましたが、ちょっとひとネタ。ということで小出しになりますが悪しからず・・・。

まずスカートからモデリングを行っていきたいと思います。とりあえずいつも通り腰周りを作成し、[E]キーで伸展していきます。
スカルプト機能でモデリング
さて、ほむらちゃんのスカートの裾はレースのようなヒラヒラが付いております。当初頂点を1点づつ移動し形状を整えていきましたが、規則正しく編集してしまい仕上がりにとても違和感が出てしまいました。
そこで登場したのが"スカルプト"。私の場合、今までスカルプト機能は「Multiresolution(Multires)」モディファイアを設定しポリゴンを細分化させ、編集後ノーマルマップへ[Bake]させる事を前提に使用しておりました。しかし今回は「Multires」モディファイアも設定せず純粋にモデリングツールとして使用してみました。おかげで自然な仕上がりになったと思いますが、いかがでしょう?

それにしてもこのスカルプト機能、本来はどちらの使い方が正しいのでしょうか?(まぁ正しくなくても使えるモンは使いますが・・・)

> 魔法少女まどか☆マギカ暁美ほむらの服 へ続く

Posted by Benjamin | Blender  スカルプト  

魔法少女まどか☆マギカ暁美ほむら髪の毛

暁美ほむらのボディ」が完成しましたので、今回は髪の毛を作成してまいります。
「魔法少女まどか☆マギカ」登場キャラクター"ほむほむ"こと暁美ほむらは、ご存知かとは思いますがアニメのキャラクターですので、髪の毛に関しては短冊状ではなくフィギュアのような形状で制作していきたいと思います。
「Solidify」モディファイアで厚みを設定
モデリング方法としては以前も紹介しました「Solidify」モディファイアを活用します。では前髪から・・・。

●まずはリトポロジー(Snap機能)を使って髪の内側を作成。(画像左)
●次に「Solidify」モディファイアで外側に向かって厚みを設定。(画像右)
大幅に改良されたKnifeツール
一旦Objectモードに切り替え「Solidify」モディファイアを"Apply"で適用し、後はEditモードに戻り形状を整えていきます。
バージョン"2.63"で大幅に改良された[Knife]ツール([K]キー)のおかげで、面を分割し凹凸を付けるなどモデリングがかなり快適になりました。
髪の毛のモデリング完了
後ろの髪も同様に作成し前髪と結合!ということで、髪の毛のモデリングが完了しました。

> 魔法少女まどか☆マギカ暁美ほむらのスカート へ続く

Posted by Benjamin | Blender  モデリング  

魔法少女まどか☆マギカ暁美ほむらボディ

ボディポリゴンメッシュの比較
暁美ほむらの盾ギミック」に引き続き、「魔法少女まどか☆マギカ」登場キャラクター"ほむほむ"こと暁美ほむらの制作を・・・。諸々アイテムが完成したので、いよいよ"ほむらちゃん"自身の作成ですが、やっとの事でボディのモデリングが完了しました。
向かって左側が今回作成した"ほむほむ"ボディ。右側が以前作成した"彩菜"ボディです。今回Makehumanの人体モデルをかなり参考にしたので、予定以上に作り込んでしまいました。因みに首からしたのボディでポリゴン数は、以前が"1728"に対して今回は"3446"と倍になってしまいました。
ねんどろいどの頭部を流用
続いて頭部ですが、こちらは以前作成した"ねんどろいど"を流用しました。
以前は口をテクスチャで表現していましたが、今回はMeshで表現するため手を加えました。後は鼻や耳など多少調整を施し完了です。

> 魔法少女まどか☆マギカ暁美ほむら髪の毛 へ続く

Posted by Benjamin | Blender  モデリング  
<<  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。