Blender・六角大王Superを中心とした3DCG制作~各ソフトの使い方(チュートリアル)や作品紹介~Project-6B(6B計画)

Project-6B(6B計画)by Benjamin
可変グリッド
サイト内検索
検索ワードを入力し、ボタンをクリック!
  • ホーム
  • Blender(ブレンダー)
  • 六角大王Super
  • その他
  • 無料素材ダウンロード
  • プロフィール
  • 作品紹介

HOME > Blender

■Blender

<<  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  

アメコミ風シェーダー〈暫定版〉

【音量注意!】

前々から試してみたかったアメコミ風シェーダー。さすがに「MARVEL VS. CAPCOM 3」のようなクオリティの高い作品に仕上げる事は無理ですが、少しでも近づけるよう挑戦してみようと思います。いやぁ~それにしてもこのTrailerカッコ良すぎですネ。
人物モデルはMakehuman
まずは準備として「Makehuman」で人物モデルを用意します。
こちらを使用してアメコミ風に仕上げていきたいと思いますが、ひと口に"アメコミ風"といってもどうすれば・・・。やはり一番印象深いのは「コントラストの強い陰影」といったところでしょうか。とりあえずその辺から攻めてみたいと思います。
アメコミ風シェーダーのマテリアルノード
マテリアルノードから・・・。ColorRampノードで肌色(明)、肌色(暗)、影(黒ベタ)の3階調を設定。さらに「スーパーマリオギャラクシー」のような輪郭を際立たせるライティング表現を追加します。
アメコミ風シェーダーのコンポジットノード
次にコンポジットノードです。マテリアルノードで設定した影だけではのっぺりしていてつまらないので、上記画像のようなザラついた影を乗算(Multiply)で合成します。
アメコミ風シェーダー〈暫定版〉レンダリング
以上の設定にてレンダリングしたものがこちらです。ん~なんだかイマイチっといったところですネ。もう少し"手描き"の雰囲気を出したいような・・・。
今回はテクスチャを使用しませんでしたが、テクスチャも使用しながらもう少し完成度を高めていければと思います。まぁ暫定版ということでここら辺でひと区切りつけさせていただきます。
それから、今回エッジのラインに関しては標準搭載の[Edge]で済ませてしまいましたが、最終的にはFreestyleを使用し仕上げたいと思います。

Posted by Benjamin | Blender  ノードエディター  

頂点の結合〈Remove Doubles〉

複数の頂点を一括で結合〈Remove Doubles〉
申し訳ありませんが、本日も「ボーンの編集(回転)〈Roll〉」に引き続き"覚え書き"です・・・。
先日投稿した「魔法少女まどか☆マギカ暁美ほむらの盾状砂時計」の中で「[alt]+[M]キーで頂点を結合」と記載しましたが、一箇所の場合はこの操作で問題ありませんが、複数個所ある場合にいちいちこの操作を繰り返し行うのは面倒でなりません。現に私も面倒で・・・もっと良い方法はないかと調べたところ、あっさり見つかりました。
Remove Doublesで結合、Merge Distanceで適用範囲を設定
結合する頂点を全て選択した状態で、[W]キーを押し「Specials」メニューの[Remove Doubles]を選択します。ツール・シェルフ([T]キー)内Remove Doublesパネルの[Merge Distance]の数値で適用範囲を設定します。

〈追記〉
たまたま"Remove Doubles"でサイト内検索をしたところ発見!以前投稿した「Screwモディファイアで回転体の制作」でもこの機能を私自身しっかり使っておりました。しかし全く覚えておりません・・・お恥ずかしい。

Posted by Benjamin | Blender  モデリング  

ボーンの編集(回転)〈Roll〉

Transformパネル[Roll]でボーンを回転
今回の「ボーンの編集〈回転〉」はあまり使用頻度が高くないとは思いますが、その分忘れがちなので覚え書きとして投稿しておくことにします。

ひと通りArmatureを作成した後などに個々のボーンを回転したい場合、Editモードの通常の回転([R]キー)ではうまくいきません。
そのような場合は、[N]キーを押しTransformパネルの[Roll]の数値を変更することにより編集〈回転〉することが可能です。

Posted by Benjamin | Blender  セットアップ  

魔法少女まどか☆マギカ暁美ほむらの盾ギミック

ギミックとして歯車を制作
前回の「暁美ほむらの盾状砂時計」に引き続き、「魔法少女まどか☆マギカ」登場キャラクター"ほむほむ"こと暁美ほむらの制作を・・・。前回、盾本体のモデリングが完了しましたので、今回は中央のギミックを作成します。
ギミックとして歯車を制作しますが、せっかくなのでアドオンを活用したいと思います。「Header」の[File] > [User Preferences([Ctrl]+[Alt]+[U]キー)]を選択し「User Preferences(環境設定)」ウインドウを表示させ[Addons]タブをクリック。左側のメニューから[Add Mesh]を選択し「Add Mesh: Extra Objects」にチェックを入れ有効にします。今後も使用する場合は[Save As Default]ボタンをクリックし、デフォルトとして保存しておきます。
Gearを選択してギア(歯車)を作成
[Shift]+[A]キーを押し[Mesh] > [Extra Objects] > [Gears] > [Gear]を選択すればギア(歯車)が作成されます。[T]キーで表示されるツール・シェルフ内のAdd Gearパネルで、大きさや歯の数など各種設定を行います。
暁美ほむらの盾状砂時計ギミック モデリング完了
歯車以外は地道にモデリング・・・。因みに今回このギミックに関しては、本体よりも制作に時間を費やしてしまいました。
暁美ほむらの盾状砂時計ギミック レンダリング
ということで、レンダリングしたものがこちら。これにてアイテムが完成したので、次回からはいよいよ"ほむらちゃん"自身を作成していきたいと思います。

> 魔法少女まどか☆マギカ暁美ほむらボディ へ続く

Posted by Benjamin | Blender  アドオン  

魔法少女まどか☆マギカ暁美ほむらの盾状砂時計

前回の「暁美ほむら愛用ベレッタM92」に引き続き、「魔法少女まどか☆マギカ」登場キャラクター"ほむほむ"こと暁美ほむらの制作を・・・。前回は武器(ベレッタM92)を作成しましたので、今回は防具(盾)です。
単に防具と言っても、ほむらちゃんはもちろんストーリー上も重要な意味をなすアイテム"盾"。なんと砂時計と四次元ポケットを搭載している優れモノ。(モデリングするにあたって全く関係ありませんが・・・)
「暁美ほむらの盾状砂時計」本体モデリング
まずは本体からモデリングを行います。上記画像の通り、半分を作成し逆側にコピー。[Mirror]や[Array]モディファイアで何とかなると思いましたが無理そうなので、手動で複製、180度回転。最後に重複する頂点を[alt]+[M]で結合すれば完了です。
「暁美ほむらの盾状砂時計」装飾モデリング
続いて装飾部分です。こちらも本体と同様に片側を作成し複製。最終的に盾本体と[Ctrl]+[J]で結合すれば完了です。

それにしても、バージョン"2.63"から大幅に改良された[Knife]ツール、個人的には大変重宝しております。今回で言えば盾本体に描かれているライン(溝)の作成には大活躍してくれました。確実に作業時間の短縮になっております。
「暁美ほむらの盾状砂時計」レンダリング
ベレッタM92のように[Smooth]のみでは少々仕上がりに難ありなので、今回は[Subsurf]も設定しました。さて、次回は"盾"中央のギミック部分を作り込んでいきたいと思います。

> 魔法少女まどか☆マギカ暁美ほむらの盾ギミック へ続く

Posted by Benjamin | Blender  モデリング  
<<  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  

プロフィール

続きを読む

プロフィール画像

Handle : Benjamin

お問合せ
月別アーカイブ
RSSアイコン
ご注意

当Webサイトの掲載情報、コンテンツをご利用いただく場合は、ご本人の自己判断・自己責任においてご利用くださいますようお願い申し上げます。
当サイトおよびリンクされている別サイトの利用によって生じたトラブルや損害についての一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。